CRAはいまが超売り手市場。

ここ数年のあいだに、CRAの求人事情に大きな変化がみられるようになりました。

人材が不足して、CRA経験が1年の人であっても人材獲得に乗り出す企業が増えてきて、CRA求人を加速しなければ追いつかない状況に追い込まれています。

CRAとは臨床開発モニターといって、製薬会社や病院などの医療機関で働く人々のことです。

新しい医薬品が開発される段階で、その薬が人体にどのような効果をもたらすのかなど、製薬会社・治験者(患者)・病院などとともに、検証・レポートしていく仕事です。

通常、新薬を開発製造するにまでには10年-15年という月日が必要になりますが、この治験という段階を迎えるまでにはすでに5-10年を費やしており、たいへん重要なステップに差しかかっています。

新薬の開発プロセスの中で、治験に関わる重要な仕事をするCRAが、もしも病院などの現場で不足し、医療レポートなどの作業が停滞すれば、新薬の開発に致命的な遅れが生じます。

そこで、必然的にCRA求人の動きが活発になってきたというわけです。

背景には高齢化社会の加速や難病の増加などが大きく関係しているのではないかと思われますが、“とにかく1人でも多くのCRAを現場に送り込みたい”という流れが強まって、製薬業界・医療業界がともに熱い視線を送る中で、CRAの求人はいっきに注目されるようになりました。

【これからのCRA求人URL】http://www.yydresses.org/

求人を事業とする会社では、未経験者・経験者のためのサポートを行ったり、転職活動の支援も積極的に行ったりしています。

CRA求人が盛んで、“売り手市場”にあるいま、キャリアに関係なく、CRAの求人情報を足がかりに職を得る動きというのは、しばらくつづきそうです。